本文へスキップ

コルトサービス東京は馬具を専門とする馬術に関する全て人のお店です。

電話でのお問い合わせは042-797-7388

メールでのお問い合わせはこちら

店長よりご挨拶

 このたびは、
コルトサービス東京へご来店いただき誠に有難う御座います。
当店は次のような特徴を持っていますので、上手にご利用して頂いて賢いお買い物を お楽しみ下さい。

*初心者の方には、特に優しい価格構成です。
馬の世界では、初心者も上級者も区別なく同じ物を買わざるを得ない品物が少なくありません。
しかし、「ちょっとやってみたい」「ずっと続くかどうかわからない」こんな動機で始められる方に上級者向きの高価な品物は必ずしも必要ではありません。
最初は、恥ずかしくないマナーを守る程度のもので出発してみてはいかがでしょう。
しばらく経験を積むとご自分に必要なものが自然と見えてくるものです。
その時は、お小遣いを貯めて張り込みましょう。

*欧米並みの商品構成では。
日本での馬具の価格は、欧米の2〜3倍と非難を浴びています。このことの理由の一つは、
日本では、最高級品のみが流通しているのに対し、欧米では普及品、高級品様々が準備されているのです。
当店ではニーズの違うお客様の目的、用途に合わせて選択できるよう豊富な商品構成を目指しています。

商品のサイズ選びなどでよくわからないときは、どうぞお気軽にお問い合わせください。
当店のリサイクル部門では、超高級な鞍を2〜3回使っただけで売りに出される方が少なくありません。
さぞかし残念なことでしょうが、こんなことにならないよう必要な物を必要なだけお買い求め頂いて、
楽しい乗馬活動をお続け下さい。

                                                          店長敬白

 

 私の意見を聞いてください。

日本の馬術界はお金の力でメダルに手が届くのであれば、それはそれで評価できるという姿勢を採用しました。
折良く日本人の所得が世界のトップクラスになった社会背景もあって、欧米から優秀な乗馬が大量に輸入されてきました。
一方で、日本人の手で馬を生産し、調教し、国際舞台に通用する人馬を育てようと40年前から国産の乗馬馬の生産が岩手県遠野市で始まりました。爾来、多くの先輩たちの汗と涙の試行錯誤を経て、数年前からようやくその答えが出始め、年ごとに若駒の資質が向上しています。
市場は大変正直です。良馬が排出されるとかくも活況を呈するものかと、長年見守り続けたものとして感慨深いものがあります。

ところが、皮肉なことにこの乗用馬生産の組織母胎の維持が危機に直面しています。
ご存じのように、JRAの売り上げ減少に伴って、地方競馬の灯火が次々に消えていっています。
遠野の施設も岩手県の2カ所の競馬場(盛岡、水沢)のトレーニング施設を兼ね、その収入で乗用馬の生産事業を維持してきた
事情がありますが、昨年この頼みの綱の競馬場がどちらも閉鎖に追い込まれ、現在遠野の施設が存亡の危機に直面しているのです。
昨今、遠野産駒が各地の競技会や全日本などでも頭角を表しているのはご存じの通りです。
この分で行くと馬の資質自体では、欧州産と比肩できる良馬が排出可能になる日は近いでしょう。
否もうそうなっているのかも知れません。

このような施設を時代の趨勢だから・・・と葬り去ってはなりません。
そうはいってもJRAからの補助金もカットされ続けている各団体の台所も火の車です。
この危急時にどのような対策が考えられるか皆様のお知恵を賜りたくお願いします。
私たち個々の力を結集すれば、なんとかなるものであれば、その具体策を模索したいと思います。

 ご意見お待ちしています。

 藤本 恭史


ナビゲーション



コルトサービス東京

〒194-0201
東京都町田市上小山田町443-4
TEL.042-797-7388
FAX.042-738-5985